ご挨拶

しなやかにつよく力を合わせて
新しい未来を開きましょう

 新年あけましておめでとうございます。今年は広島長崎原爆投下から75年です。最も若い胎内被曝の方で75歳。被爆者の平均年齢は88歳を超えました。「生きている間に核兵器を廃絶したい。」との思いは切実です。2010年、2015年に続いてNPT再検討会議が今年もニューヨークで開催されます。人類と核とは共存できません。
 2010年に初めて行ったとき、奈良県中の自治体の首長さんの賛同者名簿をもっていきました。全国では奈良県だけでした。
その後奈良県下の全自治体が平和首長会議に参加して、非核平和宣言自治体になりました。県議会でも2017年の国連総会の直前に核兵器廃絶を求める決議を全会一致で決議。国連に送りました。
 2017年には国連加盟国の122か国の賛同で核兵器禁止条約が可決。50か国が批准すれば条約がスタートします。すでに34か国。そのスピードは速まっていて今年は何としても実現させたいと思っています。


ganntannsenndenn .png

 お正月に子どもや孫全員が集合。中2の孫が私もニューヨークに行きたいと言い出しました。飛行機の席が取れたら連れていきたいと思います。若い世代がバトンを受け継いでくれることを願います。

 禁止条約が実現できれば核兵器を持つことも使うことも、開発も犯罪になります。
 唯一の被爆国日本が禁止条約の賛同できないのは恥ずかしいと思います。
 野党連合政権を作って核兵器禁止条約を批准する政府を作りたいと思います。

 2015年9月19日 安保法制が国会で強行採決、憲法9条がある国で自衛隊を海外に送り出せる戦争法が作られました。これをきっかけに反対運動が燎原の火のごとく広がりました。この年奈良県でも反対のデモの届けが100回を超えました。
 2016年の参議院、2019年の参議院では1人区で野党共闘で共産党の候補者を下ろして戦いました。奈良では残念ながら当選には至りませんでしたが、全国では1人区で2016年参議院で11名、衆議院では10名が当選して安倍政権が狙う自公維新で3分の2以上が達成していません。
 参議院選挙では13項目で統一して戦いましたが、大きく見たら3点
1、 憲法に基づき、立憲主義、民主主義、平和主義、をつらぬく。
2、 格差を是正し、暮らし、家計応援第1の政治、
3、多様性を大切に個人の尊厳を総長する政治
この一致で連合政権を作ろうと呼びかけています。

 日本のジェンダー平等が121位と発表されました。前回115位からさらにダウンしています。中でも奈良県は女性の就労率が全国ワースト1。格差と貧困の拡大の問題にもつながっています。
 孫が宿題で職業調べを出されて、なぜ県会議員になったのか。何をするのかと聞かれました。年末に亡くなった中曽根元総理が日本列島不沈空母と言い出して老人医療費の有料化が始まり保育料も国保もどんどん値上がりし、軍事予算がGNP1%を超えた時。このまま黙ってみていたら戦争の道に進んでしまうと思ったことが選挙に出たきっかけでした。
 いのち、暮らし、平和を守るため、原点に立ち返り頑張ります。
今年もよろしくお願いいたします。